どうもこんばんは!

金野です。

前回シリコンについて書きました!

それからどれくらいたったでしょう・・・

今日はシャンプーの成分についてお話します。

2種類ご紹介します。

すみません、ただどっちがいいかなって言いたかっただけです

はい!

1 合成両面活性剤

2 両性界面活性剤

 

と、まぁあります!

合成両面活性剤

代表的なものは ラウレス硫酸ナトリウム ラウレス硫酸TEA

特長 洗浄力と気泡力に優れている。よく市販のシャンプーに入っている。

あと、ラウリル硫酸なんちゃら、もほぼ同じ。ラウレスのほうが刺激は弱いが

どちらとも皮膚への刺激は大きい。合成両面活性剤と呼ばれる。そして安い。

皮膚に残りやすく、皮脂を取りすぎる可能性も。

 

アミノ酸系、ベタイン系、両性界面活性剤

●●ベタイン、ココアンホ●●、ココイル●●、ラウロイル●●と書いてあるもの。

皮膚に対して低刺激。コンディショニング効果もあり。

傷んだ髪にタンパク質を補給してくれます。

ただし洗浄力も弱いです。泡立ちも弱いことがある。合わないものだと痒みも生じる場合も。

そして高価。髪が細く少ない人はペタンとなってしまうことも。

\(◎o◎)/!

一般的にラウレス(ラウリル)硫酸系は良くないといわれることが多いですが

市販の物に使われる程度なら問題ないとも言われています。

そして今のシャンプーには多くの成分を合成して作られているので

ひとつ入っているから良い悪いが決まるわけではないです。

じゃあ何が必要か・・・・・

自分の目で商品の裏面をチェックしてみて下さい!

ご存じの通り、薬事法の改正で何が入ってるかしっかり見れます!

多いものから入っているので広告なのに騙されず

知っている知識で選び

使った感じが良いものを選んでください^^

パンにもご飯にもいいとこ悪いとこがあるのと一緒です^^

無理やりだなんて言わないでください^^

まぁ

また丸投げですが・・・・・w

とりあえず

今日はラウレス硫酸(合成両面活性剤)とコカミド、ココイル(両性界面活性剤)

3つ成分を覚えてみて下さい。

そしてこれらにシリコンが関わってきて・・・・・

ややこしくなってきたので

次回にさらに引っ張ってシャンプーの話をしたいと思います。

最高のシャンプーに出会いたいですね^w^

ちなみに

今月2日に24歳になりました。

もうこんな歳なんですね・・・・

頑張ります\(◎o◎)/

金野

 

 

 



Written by Takumi Konno




ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT HONG KONGのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT TOKYOのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー