はいー!最近たまにどこの国から来ましたかー?とお客様にちょくちょく聞かれるSachikoです。(ちなみに福岡県と長崎県のハーフです。笑   がっつり日本人です)

 

 

さて今回は、いつも担当させていただいてるメンズのお客様たちをカットさせて頂いたときの写真をご紹介します☆

 

普段担当させて頂いている私のお客様は90パーセント近くが外国人の方の割合が多いということもあり、やっぱり日本人の男性の中で求められるスタイルとはまた一味違うものになりますね。

もともとスタイリストになるまでの時期から、技術の中で刈り上げは好きなテクニックの一つでよく友達や兄を練習モデルとしてやっていました。

その当時からわかったことは日本人(やアジア人)の頭蓋骨の骨格は欧米の方と比べると奥行きが浅いたまに、後頭部の髪の毛を残すポジションをいかに見極めることでサイドから眺めたシルエットをかっこよくキレイに見せるか、ということでした。

 

しかし、欧米人の方の頭蓋骨の骨格はもともとほとんどの方が奥行きがあるために、アジア人へのメンズカットの時に当然の様に後頭部の髪の毛の長さを残していたパートと同じテクニックではなく、ポジションがかわる(刈り上げのストップ位置がかなり高め)ということ。

 

ほんとやればやるだけおもしろい!

日本人が”外国人風”というよく耳にするニュアンスも、メンズカット(フェードスタイル)ではとにかく、風とは全く違うということです。

おもしろいですよね〜

しかし、最近は日本でもかなりバーバーブームが来ているので、そのカットの切り方の差は埋まって来ている様にもかんじますね。

そして、ほんとに驚くのが外国人のメンズの方はドライヤーを使ったりなど、スタイリングが本当にお上手!! とても私も勉強になります 笑!!

 

 

レディースカットももちろんおもしろいですが、

メンズカットもまだまだ研究中なのでお客様ともコミュニケーションとって、あーでもないこーでもないとやりとりしながら、もっともっと勉強していきたいと思います^_^

 

 

ではでは〜☆

 

 

see ya〜〜!!!!!

 

Sachiko☺︎

 

 

 

↓↓↓ASSORT TOKYOのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー