こんにちは!Sachikoです^ ^

 

先日のお休に、ずっとずっと気になっていたアート展に行ってきました!
場所は地下鉄東西線の”竹橋駅”から徒歩5分ほどの
東京国立近代美術館です。
この夏の期間はナイトミュージアムということで、金・土曜日のみが夜の9時まで開催させてるので、あえて夜7時ごろに
行ってみました!

まず、美術館の目の前に展示されてる彼の大きな作品がドーーーンとありました!

この企画は70年代にNYを主に活躍してたアメリカ人アーティストのゴードン・マッタ=クラーク(写真手前のメンズの方)

のはじめての日本での展示ということもあって、
見てみるとかなり大がかりな作品もたくさんありました。
閉館9時まで、ギリギリまで見てましたが正直
時間がたりなかったので、また開催期間内でリベンジしたいと思います!笑

写真撮影もokということだったので、いくつか
作品を載せます。

とくに私が一番衝撃的だったのは

こちらです。この写真の中の家、まっぷたつになってます!!!!

「ビルディング・カット」。

シカゴ現代美術館からの依頼で新館となる予定の建物を切断したというから驚きですね。

切断した屋根の角も展示されてました。

 

 

その当時に使用されてた材質や、壁の色、質感など目の前で見て、生活を妄想出来るような見る人がどんどん入り込める展示でした。

 

でも、やっぱり自分の目で確かめるのが一番だと思うので、建築物や70sカルチャーやコンテンポラリーアートなどお好きな方は9月17日までやってるそうなので、是非とも観にいかれて観てください^ – ^

では~☆

Sachiko Handa

↓↓↓ASSORT TOKYOのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー