こんにちは!

スタイリストの杉山です。

今日はバーバースタイルの色々な専門用語について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

1,ハードパート

barberstyle hardpart

ハードパートとは分け目部分を細く剃って線を作る事です。

お客様の意向に沿って大体2ミリ〜7ミリの間で作ります。

 

2,ハイフェード

barber style highfade

ハイフェードとは刈り上げを高い位置まで短く刈ったスタイルです。

このお客様は刈り上げのスタートが地肌、0ミリでスタートしていて0ミリの範囲がとても高いところまであるので、肌色の部分が広く見えます。

短く刈られた範囲が高くまであるのをハイフェードと言います

 

3,ミディアムフェード

barber style medium fade

ミディアムフェードは先に説明したハイフェードより少しだけ短い部分が狭くなったスタイルです。

 

4,ローフェード

barber style low fade

ローフェードはミディアムフェードよりも更に低くなっとフェードスタイルです。2、3、4を比べてもらえればよりわかりやすいと思います。

 

5,テーパーフェード

barber style taper fade

テーパーフェードとローフェードよりも更に低く、ほぼもみあげの部分と襟足だけを短くしたスタイルです。

 

番外編

clipper attachment barber wähl

バリカンの先につけるアタッチメント。

どんな長さがあるか紹介していきます。

左上から順に13ミリ、10ミリ、6ミリ

左下から順に4,5ミリ、3ミリ、1,5ミリ

これよりも長いものもありますが

使う頻度が高いものをあげてみました。

ちなみに私が使っているバリカンは世界中で使われている人気メーカーなので、アタッチメントにミリ数以外に番号とインチ表記があります。

自分の『いつもの』がどれくらいか把握しておけば海外でも安心!!

 

気になる方はぜひお尋ねください。

ではでは!

 

RyoheiSugiyama