どうも西尾っす!

今日は、私の憧れの女性の一人である

オードリーヘップバーンについて書きます^^

 

彼女は1929年に生まれ1993年に、63歳の若さでなくなりましたが

今でもたくさんの人に愛され、ファッション雑誌にも取り上げられています^^

 

幼少期はバレリーナに憧れ

女流作家コレットに見いだされ

ブロードウェイ『GIGI』

の主役に抜擢されます。

そこで成功を収め脚光を浴びるも、

バレリーナの夢が断たれます。

夢を失ったオードリーが再び見つけた夢が

女優でした。

「ローマの休日」では長い髪をばっさりと切り落とし

短い前髪ときらきらとした瞳

白いブラウスにロングスカート。

王女様が、活発に、一人の普通の女性として

スペインの町を楽しみます。

私もオードリーにあこがれ、

旅行中にはスペイン広場でジェラートをたべました。

その後もマイフェアレディ、麗しのサブリナ等、たくさんの名作に主演します。

ティファニー、サブリナパンツ。。。彼女が流行らせたファッションはたくさんあります^^

 

プライベートでは、長年ジバンシィと仲がよく、

彼が作った品のあるドレスは、オードリーの魅力をいっそう引き立てました。

また、ジバンシィがオードリーのために作った「ランテルディ」

という香水をオードリーは愛用していました。

オードリー大好きな西尾は、ランテルディをもっているのですが

淑女という名がふさわしい、品のある、大人の香りがします。

 

また、オードリーは、鉄の女、とも言われていました。

いつも笑顔で、強く、芯のある女性像だったのでしょう。

 

しかしオードリーの息子さんは、

彼女はとても繊細な一面ももっていたといいます。

動物と、自然と、子供たちを心から愛したオードリー。

季節の花々を庭で育て、旬の野菜で子供たちに料理を作り

(ポモドーロスパゲッティがみんなの好物だったそう)

鹿や犬を飼っていました。

無邪気に地べたに寝転がり、犬の写真をとるオードリー

ハロウィンでは息子に毎年へんてこな仮装をさせて笑うオードリー。

彼女は愛に満ちた女性なのだと、感じます。

 

彼女の素敵な言葉は、私にも多く影響を与えました。

「美しい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。美しい唇であるためには

美しい言葉をつかいなさい」

「愛は行動。言葉だけではだめ。言葉だけですんだことなど

一度もなかったわ。私たちには生まれたときから愛する力が備わっている

。それでも筋肉と同じで、その力は鍛えなければ衰えてしまうの。。。」

彼女のような女性になりたいと夢見て、もう10年以上がたちます。

もっともっと、たくさん感動し、たくさん笑って

彼女に近づいていきたいです^^!

そしてもちろん、ありのままの私で、私らしく。。。☆

love!

西尾まりこ



Written by assort press




ASSORT NEW YORKのホームページはこちら

ASSORT HONG KONGのホームページはこちら

CLASS AOYAMAのホームページはこちら

↓↓↓ASSORT TOKYOのネット予約は以下より24時間可能です↓↓↓

web予約バナー